賢右衛門 大島紬 着るの巻

初着物で大島紬を着させてもらった。👘
場所は豊田にある川平屋さん。
とても着物界ではメジャーな店である。
採寸するだけに、、、。
相変わらず、くだらないとか言わないの😔
上画像はスタバでコーヒーを楽しむ賢右衛門。

着付けてくれた方から聞いたのだが、
ひとつの反物を作るのに四ヶ月ほど手間が
かかるらしくてそりゃあ高価なわけだ。
何より着ると身が引き締まる思いを痛感したよ。
似合う似合わないはもとより日本人でよかったなって
思う賢右衛門でした。

そうそう川平屋さんの女将さんはチャーミングで
綺麗な人だから
皆んな会いにいってみよう。😆😆😆
会いに行くだけではなんだから着物を作ろう。

僕も自分の大島を持ってるけど、普段着る着物を
作ってみたいもの。

これでギターを持ったらギター侍??。
ちょっとそれは、、、。😅
まあ小説を書こう。🍀
ジーンズで。🌷🌷🌷